シーフォレストの採用に関する想いやしごとを少しだけ紹介します。

丸腰のOBOG訪問

説明会に参加した応募者を一次面接に動員して店舗見学・・・。まずはグループ面接を行った後、 筆記試験を実施して・・・と言ったように、採用活動には選考のステップがあります。 お互いを理解・選定するために、その過程をたどることはもちろん重要なことなのですが、 いつの間にか手順を守ることが優先になっているケースがあります。 日数は多く取れなくても、一日の中で長く時間がとれるのであれば、会社の説明と選考を同じタイミングで行っても良いですし、先に筆記試験や店舗見学を実施するケースがあっても良いのではないでしょうか? 採用活動の最大のミッションは「良い人材を採用する」ということになるので、 お互いに必要最低限の情報がやり取り出来て、マッチングの高い採用(入社)につながり、 入社後も活躍してくれれば、選考の順番が逆であっても問題ないはずです。 接触する時間を削ることは良くないですが、売り手市場において採用スピードは非常に重要です。 連絡がとれなくなる前、熱意の冷めない間に手を打つようにお伝えしています。